DTP→WEB

DTP→Webデザイン勉強に役立つ本/おすすめ/基礎知識/独学

DTP→Webに脱皮中ですが、コーダー泣かせのデータを作っていました。勉強に役立つオススメ本を、この記事に随時まとめます。

[本感想]Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84

この本、分かりやすいです。DTPデザイナーがWebでつまづきやすいポイントが、体系的に分かりました。一つ一つ詳しいというより、絶対に押さえて欲しい基本的な事が網羅されています。


[XDの活用考えるなら]Adobe XDではじめるWebデザイン&プロトタイピング

夏になったらXD使ってみようと思って、手元においている本です。XDなら、Web用に簡単にレイアウトできます。コーダーに必要な情報がパッと同時に表示されたり、ファーストビューでどこまで見えるか分かったりなにかと作りやすい(らしい)。Photoshopほど表現の幅はありませんが、Illustratorの感覚でサクサク作れそう。


[フォトショップの操作に不安があるなら]Photoshop10年使える逆引き手帖

具体的な操作方法がわからないときなどに確認できる本。「辞書代わり」にと一冊買いました。でも・・そんなに複雑な加工が仕事で必要なく、今の所使わず棚にしまってます・・。

ちなみに最近はBrだけでも写真加工が完了します。Brっていろいろ設定触ってみると便利ですね。


[勉強がツライなら]#ズボラPhotoshop 知識いらずの絶品3分デザイン

Photoshopが苦手だな・・と感じた時に読んで、元気出ましたー。「Pinterestで見る表現だ、やってみたい!」といった感覚、すごくいいですね。


[仕事でホームページを作るなら]イメージを色で表現できる 配色デザイン事典

RGB、CMYKどちらの数値も分かる本。


とりあえず・・最初の1冊は、今の私に必須だったと思います。Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84。