暮らし

死ぬのが怖いと子供が泣かなくった絵本「このあとどうしちゃおう」

6歳の息子が、急に「死ぬのが怖い」と言い出しました。

ケラケラ笑っていても、寝る時間になると一変。

みけんにシワを寄せて大泣きします。

「皆どうして死ぬの」

「死んだらどこに行くの」

「ママはいつ死ぬの」

子供の質問に、変なウソはつきたくありません。

命の大切さを、伝えたい気持ちもあります。

でも難しいんです。

どう答えても、なかなか納得してくれなくて。

大人だって死ぬのが怖いし、分からないから当然ですよね。

そんな時、出会ったのがこの絵本。

書:このあとどうしちゃおう 作:ヨシタケシンスケ 出版:ブロンズ新社

命のおすすめ絵本「このあとどうしちゃおう」作:ヨシタケシンスケ

「このあとどうしちゃおう」を読むようになって、子どもが夜泣かなくなりました。

他の絵本と決定的に違うのは、いのちの課題に明るく向き合える事です。

多くの「いのちの絵本」は、読んだあと気持ちがシンミリ重たくなります。

お話の中で「大事な人が死んじゃう」から、親まで泣いてしまって。

もちろん、そういった絵本に学ぶ事はたくさんあります。

ただ「死ぬのが怖い」と子供が不安定な時、悲しい絵本を読むのはキツイものです。

でもこの絵本ならユーモアたっぷり。親子で笑って読めます。

そして、命の大切さを考える事もできます。

絵本のあらすじ「このあとどうしちゃおう」作:ヨシタケシンスケ

「このあとどうしちゃおう」は、亡くなったおじいちゃんの部屋から出てきた一冊のノートを読み進める物語です。

そこには「天国ってこうだったらいいな。地獄ってこうかな」と、楽しい妄想がたくさん。

息子「ここに書いてある事本当なの!?」

バタコ「分からない。でもそんな神様ならいいね」

息子「地獄だけは行きたくないなー」

バタコ「うん、ママも鬼に怒られたくない」

繰り返し読むうちに「答えの無い問題を、親子で深く考える」感覚があります。

「死んだおじいちゃんのノートを見ている」という、本当にありそうなリアル感がちょうど良いのかもしれません。

6歳の息子が「このあとどうしちゃおう」を読んで変わったこと

「死んだらあーじゃないか、こうじゃないか」と親子で考えるうちに、死に対する子供の不安が和らぎました。

笑って読めるので、誰とでも楽しく絵本を手にしています。

また、子供が最近ひらがなが読めるようになり、一人で静かにこの絵本を読んでいる事もあります。

「本当に、死んだらこうなるかな」

「宇宙飛行士になりたいから、まだ死ねないな」

「ヨシタケさんは、どうしてこの本を描いたのかな」

ブツブツ独り言をいいながら、考えたり聞いてきたり。

6歳の息子が求めていたのは「命について考える時間」かもしれません。

4歳〜5歳が欲しいのは解説より「安心」

息子が4歳くらいの頃は、少し状況が違いました。

幼児が命の質問をするとき「親とずっと一緒にいれる」安心を求めている事が多いそうです。

話をはぐらかすのではなく、子どもが気持ちの準備ができるのを待って、徐々に説明するのが良いかもしれません。

子どもが安心する、声掛けの事例を2つご紹介します。

「死んだらどこに行くの?」4歳〜5歳が納得する答え方

「死んだらどこに行くの?」と尋ねる4〜5歳の息子には

お星さまになって見守ってくれるんだって

と言うと、良かったです。

目と口を大きく開いて、立ち上がり 満面の笑み。

「そっか!死んだらお空にのぼって、ピカーンとひかるんだね!」と安心してくれました。

「ママもいつか死ぬんでしょ?」4歳〜5歳が納得する答え方

「いつか死ぬんでしょ」と尋ねる4〜5歳の息子には

大丈夫、ずっと一緒にいるよ

と言ってギュッと抱きしめたら、落ち着きました。

それでも不安そうな時は「死なないよ(とうぶんは)」と伝えるのも良いそうです。

子供をごまかせなくなったら、命について考えるタイミング

6歳になると「優しいウソ」が通用しなくなります

「星になるってことは宇宙だよね、息はどうする?苦しいよね?」

「どうせ100歳しか生きれないんでしょ、今ママ何歳?」

だんだん質問に答えられなくなって「ママもわからない」「いいから寝なさい」と言うしかなく。

子供はボロボロ泣き出して「今スグ検索して!」とスマホを持ってきます。

「死ななくていいなら、ボクのお金を全部あげるよ」と、ある夜はお財布まで持ち出しました。

バタコ「そうやってお金をとっていく神様も多いのよ」

息子「それ神様じゃなくて、どろぼう神様やん!」

もうなんの話をしているのか・・

深夜まで同じような質問がぐるぐる続きます。

「死ぬのが怖すぎる、生まれてこなければ良かった。」

ヒクヒクと泣き疲れて眠っていく子供を見ながら、寂しさでいっぱいでした。

もし同じような境遇の方がいれば、ぜひ絵本を検討されてみてください。

生死の質問に困ったとき、子どもが命について考える最良のタイミングです。

※ヨシタケシンスケさんの絵本は、小児科などでもよく見かけます。

「ボクのニセモノをつくるには」等どれも楽しく、絵本に読み慣れていない子も面白がって読めます。