広告観察

2色で分ける対比のレイアウト。バナー広告参考売れるデザイン解説

紹介したい商品が2つあるときの広告。

伝わるポイントを書き込みました!

※掲載バナーはBANNER LIBRARY様を参考にしています。

企業コラボだと誤解なく伝えたい→紙面を2色でハッキリ分ける

配信媒体:Twitter 800×800px

紙面を2色で分けると「商品が2つある」とすぐ認識できます。ロゴが小さいのですが、雪印とサントリーのコラボ広告だと誤解なく伝わってきます。

文字や装飾はシンプルに→2色分けの効果が際立つ

赤・黄は商品の色。余計な色がなく全体はスッキリしています。文字は白黒で、細めのフォント。装飾がシンプルなので「2色に分ける」効果を邪魔しません。

美容系・薬品広告は十分な情報を掲載→実用性アップ

トクホなど健康面に関する広告は、商品情報をしっかり書くと実用性を感じ好感を持ってもらえます。ただし説明文は小さく目立たない色で。余白で品質の良さを印象づける事ができます。

フォントとイラストを少しカジュアルに=共感

カジュアルな文字フォントやイラストは、共感を呼びます。手軽に買える商品や、気軽に始めてほしい習慣づくりにぴったりです。

パッと目を引きたい→反対色でメリハリを出す

配信媒体:Twitter 1024×576

「パンチが欲しいな」という時は、色でメリハリを出します。色相の反対側にある色を使うと、色どうしが反発して目立ちます。

3色よりも2色に絞った方がインパクトは強く、商品に自然と目が行きます。

▼3色目をあえて目立たない例(オレンジと茶色が同系色で似ているから、馴染んでいる)

配信媒体:Twitter

▼エンタメ系で「楽しさや、賑やかさを出したい」という時は、マリオのように派手な色3色も良いですね。

配信媒体:LINE 990×992

インパクトを出しつつ、文字をしっかり見て欲しい時→3辺裁ち落とし

配信媒体:LINE 988×992

文字をしっかり目立たせたい時は、余白を作ります。

  • 上部は白い背景→しっかり文字が読める
  • 写真は3辺裁ち落とし→実際より大きく見える
  • 色→スパイシーな赤色が引き立っている。暖色で食欲が増す
  • 元気な文字→勢いがあって気持ちが弾む
  • コントラストの高い影→アツい夏を感じさせる
  • ランダムにはみ出る唐辛子→外への広がり
  • レイアウト→商品はキチンと垂直に並べる事で、辛いのと辛くないの、2種類ある事を伝えている

※ページいっぱいに写真を配置して余白がない状態を「裁ち落とし」と言います。