ライフ

ラクに継続できる小さな習慣づくり【本】習慣化が10割

when i loved myself enough

やってみたい事を、選ぶことができました。

ここまでの答えが、一人ではなかなか出せませんでした。

まずはこの山を1つ登ってみます。

ハードルをぐっと下げて、習慣づくりから。

「1日1個 記事を書く」は難しかったので目標を変えました。

書く→「集める」

それなら、10分でできる。考えなくても疲れていても積み上げられる。

バタコ

どんなときも、どんなときも〜♪

レビューは、時間がある時に書き足そう。

ところがサラタメさんのYouTubeを見て思いました。

「あっ!」

続けることが大事なので、失敗しようがないように対策です♪

本:習慣化が10割/成功するチェックポイント

サラタメさんによると、①「正しい」より「楽しい」 ②「意志」より「仕組み」が大事だそうです。本:習慣が10割 [ 吉井雅之 ]より。

チェックポイント出来ているか
正しいより「楽しい」で選ぶ
意思が弱くてもできる「仕組み」を作る
③欲望を言語化すると?
④時間と場所を固定する
⑤一番小さく始める
⑥人を巻き込む

チェックすると、あと何を考えればいいか分かりますね。

意思が弱くてもできる「仕組み」を作ろう

時間と場所を固定する

「感情と切り離してできる」が習慣化。その為にはいつも同じタイミングではじめる事が大事です。「○○をした後に○○する」と具体的に。

【固定タイミング】お風呂の後ドライヤーしたら、パソコンで10分参考を集める。

お風呂から上がったらそのまま席につく事を習慣にしました。調子が良ければそのままやっていいし、出来ない時は終わっていい。

一番小さく始める

1つのホームページでもデザインやコピーいろんな所に目移りします。ついつい幅広く一貫性なくやってしいまいそうです。

【固定作業】コピーだけを集める。(デザイン装飾はサブ)

軸をコピーライティングと決めました。デザイン解説は、コピーの組み合わせを把握する為。書体・写真・イラストの雰囲気がわかればいい。

人を巻き込む

誰かにやっている事を告知すると「がんばろう」と意識が高まるそうです。

【告知】職場の人にやると伝えた。1ヶ月やれたら結果を友人にも伝えてみよう。

正しいより「楽しい」で選ぼう

脳は「楽しい」と感じる事しか習慣に選びません。根性論では習慣化できないそうです。たとえば「リフレッシュできる、報酬が得られる、モテる、承認欲求が満たされる、自信がつく」など。

欲望を言語化しよう。具体的に。

逆に習慣化できないなら「もっと別に欲しいことがある」のかもしれませんね。「ゆっくりしたい」とか。習慣化を目指す前に、欲求を知っておく必要があります。

ちなみに私は・・

【欲望】実務経験を積みたい(コンセプト策定・ライティング)

  • 「バタコさん、デザイン案考えるの手伝って」
  • 「バタコさん、コピーライティングだけお願い」
  • 「バタコさん、取引先からこんな要望あったんだけど」

こんな仕事が増えたら、専門スキル伸びますね。そのためなら頑張れそう。

やらない事を決めると、限られた時間でもうまくいく

目的がはっきりしたら、やらない事を決めます。限られた時間でも成果を出せるように。

[欲しい物]ターゲットと目的に合わせて、訴求力ある「言葉×ビジュアル」を導くスキル。その一貫で、広告参考を集めレビューを書く。

【やめる事】1ヶ月、参考集め以外の記事を書かかない

集める事に集中してみます。

わー、目的が明確になってスッキリ〜

ではまた\(^o^)/