雑記

苦手は克服しなくていい。最近買った本を見れば、思考のクセが判明

苦手な事は克服しなくてもいい

強みを伸ばす事を頑張った方が

貢献できる力が上がる

あるブログで、そういった内容を読みました。

そこで、ここ3週間で買った本を並べてみると・・

「あれっ苦手克服ばかり意識してる?」と考え始めます。

▼ブログネタを探して、最近買った本(他、電子書籍を利用)

  • 人間関係に悩んだな⇒人との関わりがラクになる本
  • 自信がない⇒辛い気持ちを乗り越える本
  • 孤独だな・・⇒自分をコーチングしてみる?
  • 話が面白くない⇒好かれる話し方
  • 忙しすぎる⇒時間管理の本

わっ、出来ない事の対処法ばっかり!!!

今度は「どうせなら自分が伸ばしたい事を探してみよう」と思い始めました。

好き×得意のバランスを取れた仕事

好きと得意の違いが、イマイチ分かっていなかったので整理します。

【好き】

  1. 人より長時間、没頭できる事
  2. お金を払ってでもやりたい事

【得意】

  1. 人より短時間で、うまく出来る事
  2. お金を得やすい事(人の役に立てるから)

けっこう違いますね。

好きだけに偏ると生活していけません。過労になったり、お金に困ったり。暮らしに安心できるだけのお金はやっぱり欲しいです。

得意だけに偏ると、どこかでツラくなるそうです。「スグできる・お金になる」という事は①壁にぶつかってお金が入らなくなった時、続ける理由が無くなる。 ②お金に困らなくなるとモチベーションが続かない事がある。

それを乗り越え、生活を守る事もスゴイ事ですよね。ただ時代の変化で、好きな事を仕事にできる環境が増えました。望めばオンラインでも学べるし、転職副業が当たり前になっている。若い方にアンケートを取れば「報酬より会社のミッションに共感できるか」を重視する人は多い。

好き(お金以上の価値)×得意(稼げる分野)のバランスを取る事が、当たり前に出来るようになるのかもしれません。

好き×得意の心理効果

好き・得意には、それぞれ違った良さがあります。

【好き】を仕事にすると、熱中する力を利用して成果が出るまで続ける事ができます。お金のアップダウンや周囲の目を気にせず、働いている事を楽しむ事もできます。また楽しそうな人には人を集める力もあります。

【得意】を仕事にすると人に喜ばれお金になります。褒められ報酬を得る事は、脳にドーパミンが溢れて強い快感があるそうです。いくつになっても現役で働き続ける人が、若々しく輝いているように。

人の役に立つことで いつまでも意欲的で 若々しくいられる

引用:生きるのが楽しくなる脳に効く言葉

「自分が楽しいと思える事が、人の役にも立つ」好きと得意、どっちもバランス良く持てたら最高です。

▼コチラの本を参考にさせて頂きました(生きるのが楽しくなる脳に効く言葉 著者:中野信子)

★【Twitter】しています。よかったらフォローして下さい。 https://twitter.com/bataco_batabata