雑記

社内フリーランスは実務経験を積み起業する為の第一歩。魅力と欠点

こんにちは、バタコです。社内フリーランスのデザイナーです。一つの会社に勤めながら、雇用形態だけ個人事業主をしています。

「学校で専門スキルを学んでも、現場ではなかなか使えない」と聞きます。私も、実際そう言われた事があります。しかし専門知識を学校で学ぶ事にはちゃんと意味があります。基礎がなければスタート地点に立てませんから。今の会社に入る上で、やはり必要だったと思います。そこからは、どれだけ実務経験を積み挑戦できるかで変わってきます。

ちなみに私は30代で未経験からデザインの仕事を始めました。1年たつと時間通りにパーツを作れるようになり、2年目はチラシ・ポスター等のデザイン案〜制作。3年目はパンフレットなど難易度が高い制作ができ、4年目はホームページ制作に関わっています。経験を積めば一定の成長ができると実感しています。

ただ30代〜40代にとって、ノースキルで新しい業界にチャレンジするのは厳しい一面がありますよね。初めは収入が低く家族を守れるか心配ですし。今ある仕事を辞めるなんて、家族の反対もあるでしょう。

そんな悩みに光を当てるのが「社内フリーランス」という働き方です。やりたい仕事に集中でき、会社の枠にとどまらず希望スキルを伸ばせる特徴があります。今回はそのメリット・デメリットを調べました。

個人事業主として1つの会社を軸に働くメリット(2021年1月電通も開始)

日経新聞に「電通は2021年から全体の3%を個人事業主に切り替え、兼業起業が可能に。新事業の創出に活かす」と書かれていました。残業が増えるだけでは?という声もありますが、社内フリーランスは今後増えるかもしれませんね。

ではさっそく、良い点を見てみましょう。

①お金の心配が少なく、最初から報酬が上がる

経験が未熟なまま起業しても、生活に困れば逆に関係ない仕事をする必要があります。その点社内フリーランスは、ある程度の収入が守られています。「最低限の生活が出来る」は大きいです。少しの安心感があると、別の分野でオリジナリティを発揮する自由が生まれるそうです(本:ORIGINALSより)。

「会社員ほどの安定」がない分、はじめから高収入で優遇される可能性さえあります。成果を出した分報酬に繋がると、驚くほど働くモチベーションが上がりますよ。

②人間関係などのベースがあり、企画がスピード良く実現する

人間関係などのベースがあるので、いい企画が出たときスピード良く形にできるのも魅力の一つです。協力をもらえる体制はありがたいもので、新しい企画を実現できるか・タイミングを掴めるかに大きく関わります。

また「会議・研修・雑務に振り回されて、自分の仕事が出来ない」という経験ありませんか。社内フリーランスは「専門分野に関わらない業務負担」が減り、そういったストレスは軽いです。その時間で知見を広げる事ができますね。

③独立起業に向けて、段階的にスキルアップできる

「将来、起業して好きな事で生きていく」ためには、高いスキル・人脈がいりますが、その他にも様々な事を学ぶ必要が出てきます。確定申告さえ私はいまだに慣れません。知りたいことは山のようにあります。切羽詰まってない状態だからこそ、じっくり学べるのかもしれません。

また、会社に自分のやりたい専門スキルが無ければ、兼業・起業をする事も可能です。スキルアップする毎に、やりたい仕事の配分を増やしていけば良いので、オーダーメイドで自分を育てる事ができ飛躍できます。

社内フリーランスのデメリットは不安定。自己管理は必須

もちろん、デメリットもあります。

社内フリーランスは会社員ほど労働基準法に守られていません。「どう制度を作るか」は会社しだいです。会社のひと声で仕事を失う可能性も大いにあります。

最大のメリットは知識×経験を倍速で得ること

社内フリーランスをやる1番の魅力は、専門知識・経験を何倍も早く積める事にあると思います。どう世の中が変わっても、それだけは安定して積み上げられる確かな物です。スキルさえあれば、仮に職を失っても必ず次に繋がります。今ある環境を半分保ちながら、長期的にチャレンジしたい方にはぴったりです。

お金・時間・健康の自己管理が必須

会社にとって社内フリーランスは貴重な存在で「全く外部の方」より希望を相談しやすい関係にあります。新しい制度なので、手探り状態。だからこそ働きやすい環境を自分で発信する事は大切です。

【会社側のメリット】

  • 解雇規制のリスク回避(業績や成果に合わせて報酬を変動できる)
  • 非正規雇用のように3年縛りがない(長期教育に意味を見いだせる)
  • モチベーションが高い人材(やりたい事が明確で仕事がはかどる)
  • ムダな社内調整不要(やるべき事に専念させる事ができ、スケジュール通り進む)

また社内規制が少ない分、中間管理職の方が自由に管理できる部分が多い気がします。直接関わる数名の方と良い関係ができれば、良い仕事をまた任せてもらえます。人間関係がニガテでも、働きやすさを実現しやすい環境だと感じています。

バタコブログ、Batacoの仕事内容と経歴

最後に。

最近ブログをはじめ「自分を活かせるスキルを見つけて、伸ばしたい」と思うようになりました。子育てが一段落したとき動き出せるよう、ライフスタイルを見つめ直している所です。ゆっくりですが、日々の学びや気づきをSNSで発信したいと思います。よろしくおねがいします(^^)

【今の会社での経歴】子供が1歳の時、職業訓練でデザインを学ぶ→デザイン会社に入る(雑用係1年→デザインパート1年→社内フリーランスになり3年目。合計で勤務5年目)

【Twitter】始めました!フォローして頂けると励みになります。