雑記

仕事が出来る人は圧倒的に量と質を上げる。稼げる為の3ステップ

仕事が出来るようになる為に、やるべき事はシンプルです。

①知識を増やす

②経験を増やす

インプット+アウトプットを繰り返せば、成長も改善も早い。今回は「仕事がうまくいかないな」という方へ向けて、つまづくポイントと対策をまとめました。

①出来ない仕事で煮詰まっているなら、前向きに諦める

すぐ終わる仕事もあれば、なかなか進まない仕事もあります。この場合「前向きに諦める」と物事がスムーズにいきますよ。

  • ある一定期間で、その仕事を終わらせる(未熟でも)
  • あきらめて、ほったらかす(熟成させる)

1ヶ月後ならスラスラはかどるかもしれません。もしかしたら、そもそも必要ない仕事かも・・。「状況を正しく把握して、あきらめる判断をする」これは前向きな行動です。プラスに働きます。

②やるべき事が多すぎるなら、業務を絞り簡単にする

幅広い事をいっきにやろうとすると、業務が難しくなりつまづきます。逆にテーマを絞れば、毎日の仕事はグッと楽になり仕事の質が上がります。

難しいのは、何に絞ればいいか判断を間違える可能性がある事。判断力を上げるコツは「ダメならすぐ手を引く精神」。ダメージが少ないうちなら次に着手する余力を残せます。

  • 選択する前は、失敗を防げるよう十分考え 慎重に選択する
  • 選択した後は、トライアンドエラー精神で 試行錯誤する

③効率化がうまくいかないなら、その先のビジョン・ストーリーを描く

仕事を効率化すればこなせる量が違います。知識と経験は劇的に増えますね。なかなか効率化できない場合、本当の原因はノウハウではなく変わりたくない心の状態にあります。

  • スタッフや自分の仕事が無くなってしまう不安
  • やってきた事を変えるのに抵抗がある(こだわり)
  • 変えるのはめんどうだ

これを解消するには、効率化した先に何をしたいのか明確にする事です。サービス満足度を上げたい、収入を上げたい等。効率化にはエネルギーが必要なのですが、ストーリーが描けると意欲的に実践できます。

意味ない事を効率的にやろうとするのは逆効果

大事なのは「止めても良いものまで、効率的にやろうとしない」こと。せっかく効率化したのに、意味がないことだと労力の無駄です。「こんなに頑張ったのに何も変わらない・・」モチベーションもだだ下がりです。

効率化の4ステップ。捨てる業務の判断基準

効率化の具体的な方法は、次の4ステップです。上から順にやります。

  1. ヤメていい事は?(朝礼会議・結果を伴わない物・過剰サービス)
  2. 一石二鳥でできる事は?(発注・会議をまとめる)
  3. 1番早い手順は?(集中できる時間帯にやるべき事・移動ルート変更)
  4. もっと簡単にできる?(テンプレート・システム活用・お金で解決できる物は買う)

【止める判断基準】顧客満足・自分やスタッフの満足・報酬やビジョンに関わるか。3つ全てに関係ないなら迷わず捨てましょう。止めていい業務を探すのがスタートです。

コロナ時代をチャンスに変える 新しい仕事術/著者:中谷彰宏 本感想レビュー

「うまくいかない原因は無知と緊張」という言葉を、コチラの本で学びました。仕事でつまった時、パラパラ読み返して改善のヒントをもらっています。コロナ前に戻る事を待つより、新しい時代に向けて働き方を変えようと思えました。その為のマインドやノウハウが学べます。リモート会議のマナーについても多く記述があり、発見が多い本でした。

トップ3%の人は「これ」を必ずやっている/著者:伊庭正康 本感想レビュー

今回ご紹介した効率化の考え方も、こちらの本で学びました。「フォロワーシップ」「ボスマネジメント」関連で読んだ本の中では1番読みやすく、実践しやすい1冊でした。

97%の人が知らない正しい「頑張りどころ」という言葉に惹かれて購入したのですが、期待通り「仕事が出来るのに評価されにくい人と、評価され成果も出す人は何が違うのか」ハッキリ分かる1冊です。

以上です!ありがとうございました(^^)

【Twitter】始めました。記事更新などお知らせするのでフォローして下さいね♪ https://twitter.com/bataco_batabata