雑記

何を書けばいいか分からない。初心者副業ブロガーの壁、理由と対策

ブログを始めたものの「何を書けばいいか分からない」問題があります。

  • 好きな事について書く
  • 過去の自分に向けて書く
  • これから勉強したい事を書く

これが出来ないのは何故か。考えられる理由と改善案をまとめます。

好きなことについて書くには何が必要?

好きなことが書けない時は、「好きな事が分からない」or「好きと思えなくなった」のどちらかです。

好きな事が分からない

好きな事が分からない時、3つのパターンが考えられます。

①好きな事に、まだ出会っていない

「好きなことに出会ってない」なら、関心がある事を片っ端から書いてみます。記事を書く前にリサーチする時間も大変ですが、「けっこう詳しくて調べることに時間がかからない」「長時間リサーチしても苦にならない」事は、好きになる可能性が大きいです。

②「書けない」と自覚する事に、勇気がいる

プライドがあって・・という方は、「下手でいいから書く」を意識すると徐々に好きな分野が見つかります。インプットにかたよると、どんどん理想が膨れて書けなくなるので、ザット60%の出来でどんどんアップしてみると良いです。「時間になったらそこまで」と決めてもいいですね。

③今はまだ、方向性をじっくり考えたい

「本当は好きな事を、まだ見つけたくない」人もいます。副業するにはエネルギーが必要です。大事な時間をかけるのだから、答えが見つかるまでじっくり考えてもいいと思います。気持ちの整理が出来てたら、目的もハッキリして書けるハズ。

またブログと関係なくても、身の回りで気になっている事を整理するとスッキリするかもしれませんよ。

好きな事を、好きだと思えなくなった

好きなことを楽しめなくなったなら、休むしかありません。どんなに関心があっても、睡眠不足で死にそうになら、体は拒否します。また「もっとやれ」と自分をイジメると、嫌になります。

この場合まずは休みましょう。とにかく一旦ぐっすり寝ること。

そして子どもにゲームを制限する母親になりきります。「ゲームは1日○時まで。長時間やると疲れるから休憩して。夜はちゃんと寝なさい。」疲れるに休めば、ブログは無限に続けられます。

いったん、焦りをぜんぶ捨てましょう。

過去の自分に向けて書くには何が必要?

スキルがある人なら、そのノウハウを書けますね。過去の経験が、周囲の助けになる事もあります。これにも壁がありました。

当時の事を、なかなか思い出せない

ここで課題になるのが「思い出せない」問題。私もずいぶん忘れています。昨日の晩ごはんを思い出すのがやっとです。

この時役に立つのが「自分と似た悩みを持つ人」を見つけること。「そういえば、あんな事あったな」と当時を思い出せてくれます。また、自己啓発本など目を通していても、同様に思い出せます。

自分に対して書くと、厳しい口調になってしまう

自分に厳しい人は、文章も厳しい口調になりがちです。また自信がないために、上から目線な文章になる事もあります。翌朝読み返すと「書いた文章がイタイ」と削除した経験が私にもあります。何度も 笑

対策は3つ

  • 書いた翌日、手直しする
  • 気楽なテーマに変えて、一時的に書いてみる
  • 根本から自分に優しくなる

文章をなおす時は「自分にとって大事な人に、どんな風に伝えるか」を想像すると優しくなれます。家族や恋人、友人はどうでしょう。

また、一生懸命やっている分野は熱が入りすぎてキツイ口調になる事もあります。その場合、一時的に書くテーマをズラすといいかもしれません。気楽にちょっと嬉しかったこと・ちょっと悲しかったこと。そういった情報は、親近感に繋がるそうです。

あと、普段から自分に優しく出来ると、文章も優しくなるかもしれませんね。

これから勉強したい事を、少ない負担で書くには?

発信する材料を作るためには、先に学ぶ事が大事なようです。

投資やエンジニアをスキルを身につけるとリターンは大きいようですが、生活に取り入れるのが難しければ「負担が少なく続けられる学び」を探した方が良いのかな・・と思います。副業している人にとって、はじめはブログの書き方をマスターするだけであっという間ですから。私も本や新聞から出来る範囲でインプットしています。

インプットした事は、自分の意見付きで発信すると「他の人にないアウトプット」になるそうですよ。洞察力も養われます。

やってみるといろんな壁がありますが、私も引き継きテーマを模索しながらがんばります。