個性

理想の自分を見つける方法。自分の評価軸を持つと承認欲求が消える

理想的な未来の、具体的で鮮明なイメージが持てるなら

人は自ら未来に向かうことができる

引用:新コーチングが人を活かす

こんにちはバタコです。さて今回ご紹介するのは「将来どうありたいか」見つける方法です。

承認欲求を0にするのは難しいですが、自分にとっての好き・嫌いが分かると心が軽くなってきます。周りの評価に、判断を頼る必要がなくなるからです。また、将来どうなりたいか夢が見えて心が強くなります。

好き・嫌いをハッキリさせ理由を深堀りしよう

このような人が好きだなと思うその気持こそが

あたなの心の核になる評価軸

引用:職場のしんどいがスーッと消え去る大全

手順①感じがいい人の、どんな所に惹かれたか書き出す

  • 本棚にどんな本が並んでいるか(好きな分野)
  • 感じがいい人の、どこに惹かれたか(どうありたいか)

「○さんをフォローした」→「ナチュラル笑顔が好き。妄想自由に発信するのが、ひと目を気にせず堂々として好き」→「自然体でいたいんだな」

のように、その人の力を借りながら「自分が快適に過ごせる生き方」を模索します。理想とする人がいない時は、初めての体験や人間関係を作ると良いそうです。新しい自分を引き出してくれるのは、自分ではなく他人。それはSNS・本・実際に会う人、どこからでも良いと思います。

手順②「どうしてそれが好きなのか」さらに深堀りする。

どうしてそれが欲しいのか、好きなのか理由を深堀ります。

「デザインを学んで収入を得たいのはなぜ?」→「スキルを身に着けて自信が欲しい。在宅勤務」→「この理由ならブログでもいいの?」

のように、願いの根本が分かれば柔軟に目標や理想を考えていけます。

手順③逆に「お金をもらってもコレだけは嫌」という事を書き出す。

最後は「絶対にしたくない」と思うことを書き出します。

自分の軸が徐々に増えれば、嫌な事に距離をおけるし、好きなものを増やす事もできるので、ずいぶんストレスが軽くなります。好き・嫌いの軸が無い場合、日頃から「なんでもいい」をやめて考えるクセをつけると良いそうです。

アイディアが出ない時の対処法。判断は後回し

これで材料はそろいました!

いよいよ将来像を描いてみます。「どうなりたいのか。そうなった時、何が見えて何が聞こえるか」映像のように描くと良いです。

【妄想できるコツ】

  • 妄想中は「できない」と一切考えない。ダーッと書き出す
  • どうやって出来るかは後回し
  • 疲れている時は想像できないので、よく休んで考える
  • 人と話してみる

時間をおいて何度も繰り返すと、効果的です。

★参考にした本

新コーチングが人を活かす 著者:鈴木 義幸さん

職場のしんどいがスーッと消え去る大全 著者:井上智介さん