家族

9時に寝る!ゲーム見ないと子供が言った理由。早寝早起・生活習慣

「今日から9時に寝る。夜ゲーム見ない」

保育園の帰り、子どもがそう言いました。

びっくり。

「仕方ないんだよ、先生に言われたんだから」

理由は、先生と約束したからでした。

去年は、深夜12時を過ぎる日も多かったんです。

親がどんなに言ってもムリなのに

先生や友達の関わりで

あっさり出来る事もありますね。

こないだの日曜は、子供の方が早く起きて

6時すぎに着替えもして

夜にはちゃんと眠くなって

ん?悩んでたのどこいった!って感じです。

そんなに心配しなくて、大丈夫だったのかも。

子どもの早寝早起きの為にやった事・やめた事

「保育園のお昼寝が無くなってから、アッサリ寝るようになった。」これはよく聞きますし、私も実感しています。

でもあんまり遅いと心配ですよね。「寝れるようになる理由」は子どもによって違うと思いますが、ママ友から聞いたり本を見てやったりした事を箇条書します。

早寝早起き対策

  • 寝る前の習慣を作る(絵本・音楽など「1冊読んだら寝ようね」)
  • 親も一緒に消灯する(眠る事ではなく、消灯時間を目標する)
  • 起床・食事・お風呂はできるだけ同じ時間帯に(体内リズム作る)
  • お風呂は寝る90分前に入れる(ちょうど眠たくなる)
  • 寝る前1時間は、TV・スマホを控える
  • 朝一番の楽しみを作る(好きな食べ物・遊び)
  • プールや公園に通い体をスゴく動かす
  • アラームをかける(子供がアラームのスイッチを入れる)
  • 休日ガッツリ遅く起きない(お昼寝なら体内リズム崩れにくい)
  • 夜食は控えめに(体内リズムが崩れるから)

ちなみに目覚まし時計はアレクサを使っています。「アレクサ、音楽かけて」と言うだけで、子供が手軽に音楽やアラームをセットできるからです。

「自分で寝る前の音楽をかける」「自分でアラームをかける」など、ルールスタートを子供自身がやる事で、「守ろう」と意識できるそうです。最近は、香水やブルーノマーズを聴きながら歌っていました。

すっかり9時〜9時半に眠れるようになりました。たぶん出来たり出来なかったり波もあると思いますが、小学生に向けて続けたいと思います。