子育て教育

【保護者向け】小学校英語2020を徹底解説!必須化・内容現状・レベル・評価

2020年、英語が小学校3年生から必須化になりました。

幼児や小学生の保護者だったら、

将来、子どもが英語で困らないか・・

一度は考えると思います。

この記事では、そんな保護者へ向けて「2020年英語教育どう変わったのか」まとめました。

まだお子さんが就学前の方も、これからの教育を知っておくと

  • 将来に備えられる
  • 習い事で迷った時、判断材料になる
  • 無駄な不安がなくなって、安心できる

など、メリットがあります。

「英語教育の要点」をギュッと凝縮しているので、ぜひご一読ください。

ではまず、授業内容がどう変わったか見てみましょう。

もくじ
  1. 【小・中・高の英語内容】レベルを早見表でチェック
  2. 【増加した学習時間】2020年小学生は年間35単位増(小3〜小6生)
  3. 【外国語活動の内容】小3・小4は聞く・話す中心。英語に慣れ親しむ
  4. 【外国語授業の内容】小5・小6は読む・書くが加わる。中学英語への助走
  5. 【成績の評価基準】小5・小6の英語が教科化。通知表にも英語が加わる
  6. 【中学生授業内容】2021年オールイングリッシュ。英語で対話できるレベルへ
  7. 【英語4技能5領域】英語4技能はもう古い。世界トレンドは英語5技能
  8. 小学校・中学校・高校で習う英単語は、最大2000語アップ
  9. 【教員ALT・教材プリント】小学校英語必須化で何が変わった?
  10. 【小学校 外国語活動アンケート】評価・課題・問題点
  11. 【文部科学省の目的】英語必須化2020
  12. 【デメリット】小学校英語必須化は、国語力に影響が出る?
  13. 【まとめ】2020年小学校英語。コロナで混乱の中、親ができること

【小・中・高の英語内容】レベルを早見表でチェック

小学校3・4年生は「聞く・話す」を中心に。

小学校5・6年生は「聞く・話す・読む・書く」の4技能に取り組みます。

学年授業内容 (2020年)英語レベル
小1・2
小3・4【外国語活動】成績なし
年35単位
(週1程度)
聞く・話す
英語に慣れ親しむ
歌・挨拶・クイズなど
小5・6【教科型授業】成績あり
年70単位
(週2程度)
(15分モジュール授業も活用)
聞く・話す
実践的やりとり
読む・書く
正しい発音・筆記に挑戦
中学生【英語で授業】
(2021年よりオールイングリッシュ)
単語・文法は増える
英語4技能5領域
対話(やり取り)が追加
発表(スピーチ)が追加
高校生【変わる大学入試を見据えた授業】
「英語4技能を使った大学受験」
英語での面接、記述問題など増える見込み
(1単位=45分)

【増加した学習時間】2020年小学生は年間35単位増(小3〜小6生)

2020年、小学3年生〜小学6年生の学習時間は年間35単位増えました。

小5・小6の「外国語授業は70単位」ですが、これまでやってきた「外国語活動35単位」がなくなり、実質35単位増えた事になります。

(小学校の授業料金は変わりません)

1週間あたりプラス1時間増えるイメージですが、子どもにとって大きな差です。

毎日新しい事を習い、宿題もあり、友達との関係にも繊細な時期ですから。

1週間の時間割は、次のようになります。

1週間の時間割例(外国語に15分のモジュール授業も)

外国語授業は全て45分授業とは限りません

時間割は各学校のオリジナルで、不足分は次のように補われます。

  • 土曜日の活用
  • 長期休みを減らして年間の授業日数を増す
  • 15分×3などの短時間(モジュール)学習を設定

15分のモジュール授業は朝活動などのイメージです。

毎日少しずつ組み込めるので復習・反復に最適です。

では、各学年の具体的な授業内容を見てみましょう。

【外国語活動の内容】小3・小4は聞く・話す中心。英語に慣れ親しむ

従来小5・小6でやっていた「外国語活動」が、小3から実施されます。

外国語を通じて,言語や文化について体験的に理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り,外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら,コミュニケーション能力の素地を養う。

引用元:第4章 外国語活動|文部科学省

英語に慣れ親しみ、積極的に英語を聞いたり話したりする事が目的です。

  • ゲーム・クイズ
  • 会話・挨拶の練習
  • 発音練習 など行われます。

ネイティブ発音の練習など、CDやパソコンを活用している学校も多いです。

【小3】 授業内容の例英語の例
数・身の回りの物How many?
好きな色・好きな物I like blue.
アルファベットの大文字A B C・・


【小4】 授業内容の例英語の例
時刻What time is it?
持ち物・文房具Do you have a pen?
アルファベットの小文字a b c・・
小学生の英語教材サンプルを見てみる【出典:文部科学省】

【外国語授業の内容】小5・小6は読む・書くが加わる。中学英語への助走

「外国語活動」から「外国語授業」として、本格的に英語を学び始めます。

授業内容は「聞く」「話す」に「読む」「書く」が加わります。

英語によるコミュニケーションの基礎を養う事が主な目的ですが、中学校の学習内容に繋がるカリキュラムも実施されます。

具体的には、疑問詞・代名詞・動名詞・助動詞・動詞の過去形などを使った基本的な表現を学びます。

肯定文I play baseball.
否定文I canʼt play the piano.
肯定の命令文Please be quiet, David.
否定の命令文Donʼt run here.
疑問文Where do you want to go?
動名詞や過去形で基本的なものを含む文I enjoyed fishing.
小5・小6の英語例文【文部科学省 小学校学習指導要領解説より抜粋】

小学校卒業までに求められるレベル

小学6年生になると、英語の授業内容は大人でも難しく感じます・・

東京オリンピック、パラリンピックについて知り
自分の得意なスポーツを英語で伝え合う。

文部科学省、第6学年外国語年間指導計画例[案]

自分たちの町について自分の考えを発表する。

文部科学省、第6学年外国語年間指導計画例[案]

外国語の授業に生活文化・時事問題など身近な事を関連付け「積極的に英語でコミュニケーションを取る姿勢」を育成していきます。

【成績の評価基準】小5・小6の英語が教科化。通知表にも英語が加わる

外国語活動と外国語科の評価方法の違いは、通知表に数値が出るかです。

外国語活動先生の文章記述による評価
外国語科数値による評価
(数値だけでなく、良い点・可能性・進捗状況を一人ひとりに伝える事も大切だとされている)

外国語教科の評価基準は次の3点です。

知識・技能
思考・判断・表現力等
主体的に学習に取り組む態度

具体的には

  • 筆記のテスト結果
  • 活動の観察
  • 子どもたちによる自己評価
  • 発表や作品の制作などへのパフォーマンス評価

などから、多面的・多角的に評価されます。

実際には評価の仕方が不明確な部分も多く、英語の成績をどう評価したらいいか課題に感じている学校も多いです。

注目すべき点は、小学校の外国語は新設された教科という事。

これまでの中学校でやっていた授業を、そのまま小学生がやるわけではありません。

「主体的にコミュニケーションを図ろうとする態度を養う事」が小学生英語で重視される目標で、それに沿った評価が予測されます。

評価基準に関する資料は、文部科学省のガイドブックP28をご覧ください。

【中学生授業内容】2021年オールイングリッシュ。英語で対話できるレベルへ

小学校以上に、変化が大きいのが中学英語です。

なんと、2021年から中学校の授業は英語で行われます。

教師の説明だけでなく、生徒側も質問・発表・友達の対話まですべて英語です。

これまで高校で習っていた次の文法も、中学校で習います。

  • 現在完了進行形原形
  • 不定詞
  • 仮定法
  • 直接目的語に節を取る第4文型 

(2020年、中学校の授業時間は変更なし)

変化の大きい中学英語を見据えて、小学校で基礎を定着させておく事が大切です。

【英語4技能5領域】英語4技能はもう古い。世界トレンドは英語5技能

世界のトレンドは、もはや英語5技能。

(文科省の指導要領指針では「英語4技能5領域」と設定されています)

中学校の授業領域では、新たに「発表」「やり取り」が追加されました。

準備ができる「発表」と違って「やり取り」には即興性が必要です。

つまり、中学生からは英語で意見交換できるレベルが求められます。

そのため小学生の授業でも「発表・やり取り」は、注目されています。

小学校・中学校・高校で習う英単語は、最大2000語アップ

2020年、覚える単語数も増えました。

高校卒業までに習う英単語は、最大で2000語アップ。

英語が嫌いになってしまうと、これだけ暗記するのは大変そうですね・・

【教員ALT・教材プリント】小学校英語必須化で何が変わった?

学年教材教員
小3小4検定教科書なし
文部科学省配布「Let’s Try!」を継続使用
学級担任
小5小6検定教科書あり
文部科学省配布「We Can!!」は終了
学級担任
(ALT等も検討)

小学校 英語教科化。誰が教えるの?

「誰がどのように教えるか」は、担当の先生がプランを立てます

教科化された英語を指導する事に、不安を持つ先生は多いです(半数以上)。

また、小学校教員はそもそも忙しく、英語の指導準備・自身の英語スキルアップにあてる時間が十分取れないのも課題です。

より良い指導を行うために、学校によってはALT(外国人の先生)など指導助手にサポートしてもらう事もあります。

【小学3・4年生 英語教材】Let’ Try!を継続

小学3・4年生では、英語必須化の移行期として2018年から『Let’s Try!』という英語教材が使われてきました。(文部科学省配布)

2020年以降も引き続き、小3・4生は『Let’s Try!』が使われます。

また、子どもたちの関心・到達度に合わせて

  • 幼児期に読み親しんだ絵本の英語版
  • 英語カード
  • デジタル教材

など、学校によっては取り入れていきます。

【小学5・6年生 英語教材】小学校英語検定教科書を使用(発行7社)

2018年から文部科学省が配布した英語教材『We Can!』は終了。

2020年度からは、小学校英語検定教科書が使われます。

発行は、次の7社です。(順不同)

啓林館 Blue Sky

三省堂 Crown Jr.

開隆堂 Junior Sunshine

光村図書 Here We Go!

教育出版 One World Smiles

学校図書 Junior Total English

東京書籍 NEW HORIZON Elementary English Course

全国共通して使われる教科書があると、カリキュラムもより改良されていきますし、英語の教育格差が小さくなるメリットがあります。

【小学校 外国語活動アンケート】評価・課題・問題点

既に小学5・6年生で、外国語活動は実施されてきました。

文部科学省がH26年に行った「小学校外国語活動実施状況調査」では、英語教育の実態が見えてきます。

▼外国語活動を受けた児童へのアンケート(どちらかといえば好きを含む)

【小5・小6】英語が好き70.9%
【中1】英語が好き61.6%
【中2】英語が好き50.3%

英語が好きな児童が多い小学生だけを見ると「外国語活動」が成功しているかに見えますが・・

英語が好きな生徒は、中学2年生でたった50%。

「英語が好き」と答える子どもは学年が上がる毎に減っています。

それだけ、授業が難しくなるという事です。

約8割の中学1年生が「英語の読み・書きを小学生で学習したかった」

小学校5年生から外国語活動を行ってきた中学1年生のうち、約8割が「もっと読み書きを習いたかった」と言っています。

出典:文部科学省

「英語遊びから受験勉強にいきなり変わる」イメージで、これまでの小学校・中学校の英語教育には大きなギャップがありました。

ですが2020年英語の必須化では、小5から英語4技能を学べる事に変わりました。(聞く・話す・読む・書く)

小学英語を、中学英語にスムーズに活かそうとしているのです。

そして、

  • 英語を使う難しさも知り、伝えたい気持ちを刺激する
  • 身の回りの事や、他の授業に関連付け積極的に英語を使う
  • 独特の発音やリズムに低学年のうちから慣れる

といった「単に楽しむだけ」ではない授業の姿が、小学校にも求められています。

教員からみた学習成果・その後の英語理解度にギャップ

▼中1教員へのアンケート「小学校で外国語活動をやった生徒の評価」

出典:文部科学省

小学校から外国語活動を取り入れる事で「英語に抵抗なく慣れ親しんでいる」と、多くの中学校教員は肯定的な見解でした。

ところが、学年が上がるごとに授業を理解できない子どもは増えます。

▼「英語の授業の内容を理解しているか」のアンケート(どちらかといえば理解しているを含む)

【小5・小6】理解している65.2%
【中1】理解している57.0%
【中2】理解している48.9%

学校・保護者・児童・その他教育機関が、小学校英語必須化のねらいを共通認識し改良し続ける事が必要です。

最終的に「英語に慣れ親しむ」と「中学校・高校での英語理解度」が相乗効果で向上していくと良いですね。

保護者の約7割は小学校の「外国語活動」に満足していない

小学校の「外国語活動」ではたくさんの英語活動が行われています。

ですが約半数の保護者は、英語教育の内容を知りません。

そのため、約7割の保護者は小学校の外国語活動に満足していません。

外国語活動にとても満足している0.5%
外国語活動にまあ満足している26.5%
外国語活動にあまり満足していない46.5%
外国語活動にまったく満足していない11.6%
よくわからない14.8%
出典:ベネッセ教育総合研究所 2015年調べ

学校での様子が見えないと、子どもに何が必要か、親が何をしてあげられるか判断がつきません。

「先生も忙しそうだから」と遠慮するのではなく

  • 疑問・不安は保護者からも積極的に尋ねる
  • 周囲の保護者とも情報を共有し合う

ようにすると親も安心でき、子どもが学習しやすい環境になっていくと思います。

【文部科学省の目的】英語必須化2020

中学校において音声から文字への移行が円滑に行われていない」ため「学習の系統性を持たせる観点から、教科として外国語教育を行うことが適当である

文部科学省

グローバル化が進展する中、英語力の向上は日本の将来にとって重要な事です。

世界的にみれば、国際共通語である英語は「話せるのが当たり前」になってきています。

そんな中、日本も変化する必要があり「アジアでトップクラスの英語力」を目指そうと英語の教科化は進んでいます。

小学校英語 導入の経緯

1992年度実験的に英語授業を導入(一部の学校)
2002年度「総合的な学習の時間」で英語授業可能に
2011年度小5・小6で英語が必修化(成績つけない)
「外国語活動」の授業が始まる
2018年度文部科学省が英語教材を作成、使用開始
小5・小6『We Can!』
小3・小4『Let’s Try!』
2020年度小5・小6で英語が正式教科に
「外国語」として英語の成績がつく
小3・小4は英語が必修化(成績つけない)

【デメリット】小学校英語必須化は、国語力に影響が出る?

「早期に英語を取り入れると、国語がおろそかになる」との声もあります。

逆に「英語を通して言葉への関心を高め、相乗効果で国語力も上げる」と、期待もされています。

[1週間の授業時間]教科ごとの時間配分をチェック

1週間の授業配分を見てみましょう。

(小3・小4外国語活動は、総合的な学習の時間等に組み込まれます)

圧倒的に国語が多いですね。

英語が新設されましたが、国語などの授業が減ったわけではありません。

(平成20年改訂時から減った授業は「総合」「特活」)

むしろ国語・社会・算数・理科・体育の授業時間は近年約1割増加しています。

今は、どの教科にしても思考力が問われる時代です。

例えば算数が得意でも、文章が書けなければテストで答えられない事も。

学校や塾などさまざまな教育の場で、英語だけでなく国語や記述にも力をいれています。

【まとめ】2020年小学校英語。コロナで混乱の中、親ができること

グローバル化が進む中、中学校からの英語はさらに難しくなる事が分かりました。

それに向けて小学英語と中学英語のギャップを無くす事は、必要なのかもしれません。

まだ出来たばかりのカリキュラムで手探り状態。

そのうえ2020年はコロナで休校が続き、教育現場はとても混乱しています。

今まで以上に勉強が忙しくなり、子ども達は余裕がなくなるかもしれません。

保護者ができることは、まず子どもの様子や小学校の状況を良く把握しようとすること。

  • 家では休ませる
  • 家庭でも学習をサポートする
  • 習い事を検討する

何が良い選択かは、ご家庭によって様々です。

お子さんにとって今何が一番必要か、毎日の変化をどうぞ見守ってあげてください。