仕事

マーケティングを学ぶメリット。デザイナー・コーダー・ライター

こんにちは、30代でデザイナーに転身したバタコです。

スキルアップの為にマーケティングを学んでいます。

バタコ

マーケティングを学ぶと、デザイナー・コーダー・ライターは何が変わりますか?

社長

そうね、隠さず言えば・・

制作しかできないなら、単価の安い外注。付加価値がある人と差は大きい

デザイナーであれ何であれ、制作しかできないなら外注になりがちです。すると制作単価は安くなってしまいます。

小さな会社で社員になれる人・高い報酬をもらえる人は、プラスアルファの付加価値がある人。その付加価値がマーケティングなら、すごく優遇されます。なぜなら、指示するのが楽だから!

マーケティング制作者は、依頼者がラク

社長

マーケティングが出来ると、1言って10できるイメージね。

もしマーケティングできる方なら、勝手に調べてくれる。むしろデータ分析までやってコードを作ってくれる。さらに良質な提案までしてくれると全然違います。強力な仲間と認識されるわけです。

制作の腕だけ上げても、一人ができる量には限界がある

社長

言われたことをやるだけでは、どっちにとっても大変なのよ。

「正しくスピード良く作れる人」は、すごく貴重です。困った時に一番頼れる存在なはず。

でも一日にこなせる作業量には、限界があります。収入を増やそうとすると過労になりがち。AI技術が進化すれば、できる仕事が減るかもしれません。単価を上げる工夫がいるのです。

ですが専門職を真面目にこなしている方にとって、ほんの少しマーケティングが加われば鬼に金棒!がんばった分報酬が上がるし、時間にゆとりができ、得意な分野に集中して取り組めると思いますよ。