仕事

手順②デザイン案に困らないブランディング戦略。コンセプト策定

売れるデザインを研究しています、アラフォーのバタコです。

子供が1歳のときノースキルからデザインを始め、DTPデザイナーになりました。今はマーケティングとWebデザインを習得しようとしています。

今回はデザイン案に困らない「コンセプト策定の手順」です。

「デザイン案が出てこない!」

「デザイン案がブレる、何回も修正になる!」

「デザインがゴチャゴチャする」

これよく分かります、3年前よく困っていました。

でも次の事をやっておけば、制作はグッと楽になります。

[制作前にやること]

方向性決め

「誰に何を伝えて、どうしてもらう為の広告か」

イメージ想定

参考デザインから「こんな雰囲気にしよう」を決める

制作前の確認

レイアウト・カラー・写真素材・テキスト情報・納期・仕様

実はこれもコンセプト策定の1つ。

この流れを直感や打ち合わせだけでなく、情報収集から道筋立てて考えられるようになると「ブランディング戦略ができるデザイナー」になりますよ。

取引先

何か良くしたいけど、どうしたいか分からない

依頼者がこんな風に悩んでいても、デザイン案を出せます。

またコンセプト策定がうまく出来ると・・

[コンセプト策定ができるメリット]

デザイン細部に一貫性が出る

強い共感で成果が出る

何をどう作ればいいか、道筋を立てて分かる

デザイン意図を伝えられる・説得力がある

コンテンツの取捨選択ができる

→作り直しのムダが減り、消耗しない

いい事づくし!!!

記事の内容は大まかな手順ですが、案に煮詰まったとき「そういえば、どうするんだっけ」とポイントで使ってみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jyouhou_bataco2-3.jpg

ブランディング広告のコンセプト策定って結局何?

コンセプトとは、制作全体の方向性です。

一言でいえば「クライアントの課題を、広告でどう解決するか」

コンセプト策定は、デザインでどう表現するかまでイメージを定める事です。①〜⑤のように書き出します。

①企業の課題お嬢様イメージを脱却したい
②解決策主体的に学ぶ女性像を打ち出す
多様な在学生を登場させ共感へ
③コンセプト固い女子校に抵抗ある受験者が
「夢に向かって意欲的に学んでいる、将来の自分像」
を思い描ける広報
④タグライン「私はまだ、私を知らない」
⑤ビジュアル・メイン写真はタグラインを元に真摯に学ぶ表情
・多彩な留学プログラムを診断チャート形式で紹介
・ターゲットが好みそうな装飾は・・etc

※写真:[本]学校ブランディング:神戸女子大学

①の企業課題はヒアリングだけでなく「今後こんな課題がでるのでは」まで考えられるといいですよ。

Web、印刷物、SNS、イベントなど一連の広告を制作する場合、全体で1つのコンセプトを立てます。

コンセプト策定流れ

進行がブレない為に、制作コンセプトは1つです。情報収集が必要なので、ぜひコチラの記事でやってみてください。

お客さんが商品サービスを選ぶ理由は「感情面と機能面」の2つあります。コンセプトは、この2つにダイレクトに響く物を選びます。その広告を見て「他には無いサービスがここにある」と感じたら、行動に繋がります。

①コンセプトを1つに絞る!独自性&強い共感

まずは企業の強み(商品サービスの特徴)を箇条書きしましょう。「アクセスが良い」「アラフォー向け化粧品で失敗しない」など。その中から次の3点が重なる物を選びます。

【コンセプトに必要な3要素】

  • 企業理念と一致している→説得力アップ(信頼できる)
  • ニーズが高い・増える→共感アップ(自分にぴったり)
  • 競合にない魅力→優位性アップ(他では買えない)

買うことが必然になってきます。

差別化は、めんどくさいスローガンから生まれる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sonshi_bataco.jpg
出店:こども孫氏の兵法

小さくても長く愛されるブランドは、手のかかるスローガンも多いようです。めんどうな事は、真似されにくいですよね。「お金と時間をかけても、これだけは信念を持ってやっている」というサービスがあればコンセプト候補です。

②タグラインとして一文に集約(メッセージ)

コンセプトを決めたら、タグラインとして一文に集約します。

タグラインとは、ユーザーが受け取れるベネフィット

タグラインとは、その商品サービスを使う事で「ユーザーにどんなメリットがあるのか」をわかりやすく伝える1です。いわゆるベネフィット(感情面と機能面で優れた点)を感じ取れるメッセージ。

[タグラインとは]

  • コンセプトを1言に表したメッセージ
  • 商品サービスを使う利点を感じる物
  • 目安は15文字内
  • 分かりやすい・覚えやすい
  • 企業にポジティブなイメージを持てる

[企業タグラインの例]

  • 「サードプレイス」スタバ
  • 「お、ねだん以上」ニトリ
  • 「お口の恋人」ロッテ
  • 「うまいすしを、 腹一杯。」スシロー
  • 「ココロも満タンに」コスモ石油

Web制作においてタグラインは必ず必要ではありません。でもタグラインがあると「やってみたい・行ってみたい」を盛り上げ、効果の高い広告になります。

企業や制作者にも「自分たちが何を提供しているか」意識が一体化しやすいです。制作で迷ったとき判断材料にもなります。納期まで時間が許すとき、ぜひ考えてみてください。

かっこいい・奇抜はNG。方向性を正しく定める物

いきなりカッコいいタグラインを考えようしても、時間だけ過ぎます。制作物のタグラインは、キャッチコピーのように上手く言う必要はありません。広告を見ているお客が知りたいのは「ビジョン」でも「かっこいいキャッチコピー」でもなく「自分たちに何を提供して、どんな価値を渡してもらえるのか」。タグラインはそれが分かれば良いのです。

利点・行動の後押しポイント・トレンドから想像

【タグラインをアレンジするキーワード】

  • このサービスで、お客はどう生活が豊かになるか
  • 何が壁になって、お客は行動できずにいるか
  • ターゲットの趣味趣向や、トレンドは何か

これらのキーワードを書き出すと、タグラインのヒントになります。直感やノリの良さも大事で、それを選ぶ背景がしっかりしていれば、十分な影響力があります。

バタコ

「ワオっ」と驚く雰囲気で!

③デザイントーンを想定(テキスト・レイアウト・写真)

最後にコンセプトをビジュアルに置き換えてみましょう。「どんな雰囲気だったら、ユーザーが好きかな」を軸に考えます。

【コンセプトをビジュアル化する】

  • テキスト(ですます調・文字数など)
  • レイアウト・テイスト(装飾/フォント/配色/余白など)
  • 写真(どんな雰囲気で何を伝える)

これでコンセプト策定完了!!

これまでの情報収集があれば、テキスト・レイアウト・写真の表現方法はどんどん見えてきます。もしそれが難しく感じる時は、ぜひ次の本を試してみてください。

【おすすめデザイン本】コンセプトからWeb制作案を作る

「どんな目的のとき、どんなデザインが必要か」が分かれば、コンセプトをビジュアルで表現するのが上手くなります。

Webデザイン良質見本帳

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: webryoushituhonn.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: webryoushitu.jpg

「どうやったら信頼感を出せるか」など、秘訣が細かく分かる本です。この情報を元に、他のデザイン本やネットの参考から、似たイメージを集めます。

それを眺めながら「コンセプトを表現するとどんなデザインになるか」想定しすれば、方向性が見えてきます。

ターゲットに合わせた参考があると楽に上達できる

「ターゲット層に合わせた参考」は、できるだけ多く集め整理しておきましょう。やった分、仕事がはかどります。ネットからも参考を集めますが、本も大事です。良質な参考が厳選されてデザイン意図も明確に分かるので、悩む時間やハズレる可能性がグッと減ります。

ちなみに私は教育業界なので、保護者向け・子供向け・受験生向けが得意です。本や参考をたくさん持ち込むので、職場に大きな専用本棚があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: honndana.jpg

「こんなのどうですか」とサッと参考を出せると、打ち合わせのテンポが早く気持ちいいし自信になりますよ。

今回ご紹介した流れを何回も繰り返しながら、私も提案力を上げたいと思います。

★制作の前に「どのタイミングで読まれるか」を調べる必要があります。それは次の記事にまとめます!

ではまた。