ビジネス

嫉妬してた新人が退職しました。お局様・パワハラ職場の入口と末路

嫉妬していた新人後輩が、退職しました。

「いなくなればいいのに」と思った相手が辞めると、複雑です。

嫌がらせをしてなくても

「自分のせいかもしれない」と感じたり。

「もう嫉妬しなくて済む」と

ホッとしてしまったり。

いろんな感情が、出ては引っ込んで。

完全に嫉妬を乗り越えるって、本当に難しいです。

おツボネ様になる可能性は、誰にでもある

「嫌な人は、辞めさせればいい」と思い始めたら

おツボネ様になるのかもしれません。

劣等感が強いまま力を持つと

人はだんだん変貌します。

  • 気に入れば、味方
  • 役に立たなければ、除外

嫉妬は苦しいから。

嫉妬する相手が辞めたら、ラクだから。

2020年6月「パワハラ防止法」施行で、おツボネ様はどう変わる?

2020年6月「パワハラ防止法」施行されました。

(中小企業は2022/4/1施行)

例えばこんな事もパワハラです。

  • 集団で無視をする【人間関係】
  • 人前で、大声で叱り続ける【精神的攻撃】
  • 合理性なく仕事を与えない【過小な要求】
  • 無理難題の仕事を与えすぎる【過大な要求】
  • 性的指向や病歴等、了解得ずに暴露【個の侵害】

どこからがパワハラか判断が難しいですが

「コレは良い悪い」と考える機会も増えるでしょう。

「これまで大丈夫だった」で済まないことが増え

隠れたパワハラも、減っていきます。

変われない人や組織は、居場所を失うかもしれません。

嫉妬の相手が仕事をやめた時は分かれ道

嫉妬していた相手がいなくなって

自分が「嫉妬を克服したつもりになっていた」事に気づきました。

嫉妬の事を考える時、グッタリ疲れます。

自分が嫌になります。

でも、ときどき思考をメンテナンスする事が

私には必要なようです。