バタコ

取っ手が外せるカインズの鍋に、ティファール取っ手を使った結果

焦げた鍋を、買い替えました。

安くおさえようとしたら、料理しにくかったので

次はティファールで揃えようと思います。

取っ手をパパっとスマートに付け替えれる所が好きです。

ティファール取っ手の取れるシリーズ、1個だけ買い換えたい。でもティファールは高い。

【カインズの鍋(ストーンマーブル)+ティファールの取っ手】

「おっ、ピッタリ!?」グッと力はいるものの取り付けできます。ブンブン振り回してもグラつきません。

ティファールの取っ手をつけて、料理してみました。

うーん・・使いにくかった。

コンロに並んだフライパンに取っ手を付け替えるとき、手がヌルっとして力が入りにくかったり、片手間でサッとできなかったり。3コンロ全部に火をかける事もあると、けっこう違いを感じます。

ストーンマーブル専用の取っ手を、買ってみました。

ストーンマーブル専用取っ手は、ティファールより手間がかかる

それでもちょっと、めんどさくい。

【ストーンマーブル取っ手の外し方】

  1. OPENにずらす
  2. カチッと横を抑える

【ストーンマーブル取っ手の付け方】

  1. OPENからROCKにズラす(指にグッと力がいる)

これだけなんですけどね。ティファールは楽にパチっとできたので。

でも、良いところもあります。ストーンマーブルの卵焼きフライパン愛用しているのですが、単体では使いやすい。

「収納の時だけ、取っ手を外せばいい」「料理中も丁寧に、取っ手を付け替えができる」という方はおすすめです。

ストーンマーブル魅力/安い・こびりつかない・ナチュラルな見た目

【ストーンマーブルの良さ】

①安い。ティファールよりストーンマーブルが半額くらい

  • ストーンマーブル→鍋1,780円、取っ手は1,280円(税込)
  • ティファール→取っ手なし鍋で3,000円以上します。

②汚れがこびりつかないし、ツルッと洗いやすい

③木目と石のナチュラルな見た目がオシャレ

カインズの定員さんにも「店内でコーティングが一番強いのはストーンマーブルだ」と言われました。

「コーティング強化、金属ヘラで耐摩耗試験200万回クリア」と書かれているのです。朝ごはん用に1年以上使っていますが卵焼きが全然くっつかないです。

取っ手の違いで、次はティファールかな。耐久性のいいチタンで・・

ストーンマーブルの鍋を使った結果

夕食を作る時に「片手間でパパっと取っ手を替える便利さ」を感じたので、次はティファールを買うことにしました。

【補足】

調べていると、フッ素加工のフライパンや鍋は5分以上空焚きすると有害物質が出る可能性もあると知りました。コーディングがはがれている時は要注意。

  • ボロボロになったら早めに取り替える
  • 強火で5分以上、何も入れないまま空焚きしない

2つに気をつけて使ってください。より安全な物を選び時は「ダイヤモンド・チタン・セラミック」などのシリーズを選ぶと、コーティングの耐久性が強いです(ティファールのチタンシリーズ等)。良かったら検索してみてくださいね。