バタコ

買って後悔した望遠レンズ。初心者ママでも子供のイベントで活躍中

望遠レンズ、買ってスグの時は後悔しました。値段高くて「はっ?」ってびっくりしたのですが、「持ってると子供の写真も増えるだろう」とよくわからないまま買って。

子供が赤ちゃんの時は、使う機会がなかったです。「せっかく買ったから」と望遠レンズをカメラにつけると、子供の顔がすごくアップされて。望遠レンズを使う為に子供から距離を取る始末。「また無駄遣いやん、失敗した」と思っていました。

でも今すごく活躍しています。

遠くからでも表情豊かに撮れる。簡単にプロの品質で

イベント会場って子供までの距離が遠くて、デジカメだけだと撮影が難しいんですよね。撮れた写真を後で見ると、どこに子供がいるのか探すのもやっと。

望遠レンズはイベント前にカメラに取り付けておくだけで、目の前で競技・演技をしているみたいに写真が撮れます。表情もイキイキ豊かだし、勝手に背景ぼかしてくれて雰囲気もいい。「あれ、プロっぽい」とびっくりします。

保育園のイベントはプロのカメラマンが撮影に入るのですが、値段を気にせず欲しい写真を買うと1回のイベントに数千円かかります。全員をまんべんなく撮るので、ベストショットも少ないんです。「あっ目を閉じてる、惜しい!」「いい顔してるのに、写真からはみ出てる」とか。

その点値段を気にせず、自分の子供に集中して何枚でも撮れるので良かったです。今年のイベントは座席指定の制限もあって、撮る角度は変えにくいのですが、短時間で行われる貴重なイベント写真を、品質良くたくさん残せています。

ママ友のお付き合いも良くなる。子供の写真は誰だって嬉しい

子供を撮影していると、他のお友達も一緒に写る事があります。「思うように撮影できない」「ビデオしか取っていなかった」という方も多くて、データを送ってあげるとけっこう喜ばれます。お金がかからないので相手に気を遣わせる事も無く、気軽に贈り物できていいです。

もちろんイベントでは、子どもを実際に見て応援するのが1番大切ですね。でもそこに、望遠レンズ付カメラが加わると、アルバムがグレードアップ。周囲にも喜ばれます。後で買った時「どうせなら、小さい時に買えば良かった」と感じると思うので、ご紹介させていただきました。

最近はスマホにつけるだけの望遠レンズもあるようです♪