バタコ

保育園の運動会行きました!コロナ対策で1時間だけ実施。でも感動

保育園の運動会に行ってきました!

人数制限があって、じいちゃんばあちゃんは ほぼ参加できず。でもコロナ対策で大変な中、開催してもらえてありがたいです。

2020年は、いろんな幼稚園や保育園が行事を見合わせています。「子供のイベントを実施できるか」今後も検討が増えると思いますので、運動会に行った様子をまとめました。

2020年保育園の運動会が例年と違った事(3蜜対策)

今年の運動会は、たった1時間!学年ごとにプログラムが分れて、年中児が終わったら年長児の受付が始まるイメージです。

席は事前に子供のくじ引きで決まっていました。いつもなら「見やすい席、カメラ撮りやすい場所」と早めに並ぶのですが、朝ゆっくり出発できました。

3密を避けるため各家庭2名まで。体育館は思った以上にスカスカでした。席もキッチリ2m以上離されています。全ドア開けっぱなしで風通しも良く、外にいる感じです。

競技は密になりにくい「体操・ダンス・かけっこ」の3競技限定。去年は玉入れや綱引きと賑やかだったのですが、ずいぶん変わりましたね。親子競技は「子供が親の方を向いて一緒にダンス」で、子供から離れた所で親も踊りました。

【3蜜を避ける為の対策】

  • 1クラス単位での実施(約1時間でサクッと実施)
  • 人数制限(1家庭2名まで)
  • 中学校体育館で実施(広くて2階席も利用できた)
  • 完全 座席指定(家族同士も離れて座る)
  • 3蜜を避ける競技(一定距離を保ちやすい物)

【入場前、全員に確認】

  • 入場前のアルコール除菌(係の方が、徹底してスプレー)
  • 検温(おでこで、一瞬で測れるタイプ)
  • 体調確認(一人ひとり尋ねられる)
  • マスク着用(運動中の子ども以外)
  • 常時換気

行事は縮小してもやる価値がある。ただし、負担の見直しはした方が良い

今回の運動会はコロナ対策に集中できるよう、手間のかかる物を省いていたようです。運動会に行くまでは「手作りプログラムも無いんだ」「保育園で最後の運動会なのに短い」と残念に思っていたのですが、実際参加するとイベントを通して子供が成長を、十分実感できました。

たった1時間でも、けっこう感動します。代表あいさつをする係、旗を持つ係、役割分担をこなして「皆しっかりしているな」と驚きます。親を見つけた時の嬉しそうな顔はかわいいし、転んでもスグ立ち上がり駆け出す姿に「がんばれ」と声を出して応援したくなります。競い合ったり楽しげに話したり、どのシーンも魅力的です。

「友達と仲良くしているのかな」「保育園についていけてるのかな」という普段のちょっとした心配も、吹っ飛びました。

コロナを機に、多すぎた保育園行事を見直す動きもあるそうです(Yahooニュース)。日々の園生活で、子どもに負担があるなら調整には賛成です。

限られた状況の中で、楽しい思い出が作れる工夫が増えるといいですね。